Blog

代官山蔦屋書店スライド&トークショー「秋田人形道祖神めぐりグレイテストヒッツ」 内容のご紹介 その1

投稿者:宮原 葉月 投稿者:宮原 葉月 宮原 葉月

「こんな神様がまだ秋田にいらっしゃったとは・・・!」
取材帰りの車の中、小松と私はあまりにも大きな衝撃を受け、口数がいつもより少なかった。

今年の夏、秋田県横手市十文字町の下堀(しもぼり)という集落で取材させていただいた。「下堀」といっても、秋田市在住の方はまず「下堀?どこにあるの?」と尋ねてくるような、知る人ぞ知るディープな場所である。
下堀に「たった2日間しか立てない神様がいるらしい」と小松が執念で調べ上げていた。
1年間に1回の作り替えが行われると聞いてはいたが、日にちまではわからなかった。
何度か同地に足を運び、遂に作り替えの「宿(=担当)」の方と出会うことができた。今年は7月上旬であった。

取材のアポイントを取り、伺うとたくさんの集落の男性が集まっていた。女性はいない。
村の方々が神様の体のパーツを銘銘作り始める。私たちはお邪魔にならないようにし、ときに「これはどのパーツでしょうか?」と取材させていただく。
さらには、下堀の集落には過去の災害を逃れてきた独特の歴史がある。そのあたりのお話も尋ねてみた。

下堀の神様・カシマサマは、女性である。胸やお尻と女性ならではの箇所が興味深い。また造形的に「手」の作り方が大変独特である。

この日は作るだけであった。2日後に立派な神様を壊してしまうのだと言う。
「たった2日間しかないのに、これほど立派に作ってしまうと勿体ないと思いませんか?」とつい尋ねてしまった。男性の返答を聞くと、なるほど、と思う。これこそが、私たちがハマった「人形道祖神」の面白いところなのだ。

2日後、私たちは再び下堀集落を訪れた。カシマサマの最後の勇姿をみるためだ。
「神様を壊す場所にはツツガムシがいるから長靴を履いてきな」と男性からアドバイスをもらったので、しっかり準備してやってきた。

実際は長靴がなくても大丈夫であったが、それにしても、予想を超える、大河ドラマのようなダイナミックでノスタルジーを感じる儀式には心底驚いた。
「こんな儀式がまだ日本にあったのか!?」と衝撃を受けた私たちは黙ってしまった。
街灯もなく真っ暗な川べりを軽トラに揺られながら、私は衝動に突かれ泣きそうになっていた。

詳細は11月10日のスライド&トークイベントにてご紹介します。いよいよ今週に迫りました。今回は初出しの取材内容を蔵出ししますので、ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。
イベントの詳細とお申し込みはこちらから。

Writerこの記事を書いた人

投稿者:宮原 葉月
イラストレーター 宮原 葉月
広告・書籍・雑誌でイラストを描く。 「LOWELL Things」(ABAHOUSE)とのコラボバッグ、 シリーズ累計49万部「服を買うなら捨てなさい」(宝島社) 装画等を担当。 http://hacco.hacca.jp Twitter @hatsukimiyahara